これからは通院保障のついているがん保険の方が安心です。

がん保険は選択することが難しい保険とされています。それは保障内容が診断時の保障・入院時の保障・通院時の保障と多岐にわたることで、医療保険よりも難しいと思われてしまうからです。

良いがん保険を見極めるポイントは、どの内容を重視するかで変わってきます。診断時の保障では、保障の支払われる回数や対象となるがんの種類、入院時の保障では、同一部位のがんでの再入院でも保障の対象になるかの可否、通院時の保障では、入院を伴わない通院でのがん治療の対象の可否や、入院前の状態での保障対象の可否や保障日数といった項目が保険会社によって異なっています。この中でも通院時の保障について詳しく説明したいと思います。

がん保険と聞くと長期に渡って入院するイメージがありますが、現在はがんの治療方法が変わってきたことで入院日数が短くなってきており、平成11年度と平成26年度で比較すると半分程度になっているのです。

これは医学の進歩により日帰りできる治療が増えたことや、診療報酬の改定により入院の短期化が起きているとされています。その為、現在では通院で治療を受けている患者は確実に増えており、通院給付の付いていない古いタイプのがん保険では満足のいく保障が受けられない場合もあります。その為、これからがん保険に加入される方は、がん通院保障の付いている保険が安心だと思われます。愛媛県行ってみない?