がん保険が必要な人と不要な人

がん保険に入っておくべきかという質問には、入っておけば安心だけど入らなくても大丈夫だと答える方もいるかもしれません。がんは二人に一人がなると言われるほどの病気ですから、もちろん備えるに越したことはないでしょう。

ただし、毎月保険料がかかるのですから、その分を貯蓄に回すというのも一つの方法です。がん保険への加入は、もし今現在使える貯蓄が少ない人やがんに備えて安心をしていたい方にはお勧めです。がん保険は保障をがんだけを対象にして絞っているため、保険料は抑えられているので人によっては入るメリットが大きいのです。

なお、がんの治療にかかる治療費は、高額療養費があるので自己負担には上限があります。医療費用として貯金が150万円準備出来ていれば、ほぼ治療費はまかなえるためがん保険は不要とも言えるのです。保険料分を貯蓄に回せば、それは他の病気になった場合の備えにもなります。

がんになった場合には、どう備えるかは人によって違うでしょう。医療保険に入っていても安心ではなく、通院だけには給付金が出ないとか、何日以上の入院でないと給付金が出ないと言う場合もあります。がんになった場合に、使える貯蓄がどれだけあるか、自分の医療保険ではどこまで対応できているか確認しましょう。それを踏まえてどのがん保険が自分に合っているかの検討をするのが良いでしょう。愛媛県行ってみない?